2012年09月08日

事件関連書籍のご紹介

本朝鮮学校襲撃事件に関連する書籍のご紹介です。

石埼学、遠藤比呂通編『沈黙する人権』(法律文化社、2012年5月)
・・・・・・・・・・・・・・
『人権の定義・語り自体が、人間を沈黙させる構造悪であることを指摘し、
根底にある苦しみによりそい、その正体に迫る。日本社会の差別の現状を批判的に分析。
人権〈論〉のその前に。(出版社ウェブサイト書籍紹介文抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・
本書第7章「ヘイトクライムと人権――いまそこにある民族差別」(執筆・金尚均)と、
エピローグ「人権・その根源を問う」(執筆・遠藤比呂通)にて、在特会らによる京都
朝鮮第一初級学校襲撃事件について論じられています。

(書籍紹介ウェブサイトリンク)
http://www.hou-bun.com/cgi-bin/search/detail.cgi?c=ISBN978-4-589-03431-1
http://chosonsinbo.com/jp/2012/06/0604ib/
http://www.jicl.jp/now/ronbun/backnumber/20120611_01.html

このほか、
前田朗『ヘイトクライム―憎悪犯罪が日本を壊す』(三一書房労働組合、2010年)
http://union31.blog15.fc2.com/blog-entry-1.html)、
安田浩一『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』(講談社、2012年)
http://g2.kodansha.co.jp/279/280/15166/15167.html
といった、本事件を扱った、一般書店でも比較的容易に購入できる貴重な書籍と合わせ読まれることで、
排外主義・人種主義のレトリックに依存する剥き出しの差別言論・行為を、「表現の自由」「市民活動」と
いかにももっともらしく糊塗して表出することに駆られずにはいられない者たちの諸相が、読者に
も反省的に伝わることと思います。

posted by こるむ at 00:00| 裁判資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。