2013年03月12日

3月13日第17回口頭弁論 12:30〜

いつもご支援ありがとうございます。
17回口頭弁論が明日に迫っています。
今回は、原告側専門家証言と朝鮮学校の保護者の証言です。
ヘイトクライムの核心に迫ります。
みなさまぜひ傍聴にお越しのうえ、
渾身の、心からの、肉声による証言に耳を澄ませてください。

---★転送歓迎★-----------------------

●日時:3月13日(水) 
13時30分開廷/集合時間 12時30分

●場所:京都地方裁判所前広場<東側>集合

※法廷が満席になる可能性があり、事前に傍聴券の抽選がある予定です。
抽選券の配布時間は、午後12時30分からです。
12時30分には裁判所玄関前の広場の、<東側>に集合してください。
傍聴券配布の有無・配布時間は、
前日に、 http://www.courts.go.jp/kengaku/kyoto.html
でご確認ください。裁判は101号法廷で行われます。

●弁論の後は「朝鮮学校の裁判を支える会」の集会をおこないます。
場所は、京都地方裁判所敷地内の、弁護士会館の予定です。
傍聴と合わせまして、ふるってご参加ください。
支援者以外の参加はお断りする場合がありますので、ご了承ください。

<裁判に至る経緯>
2009年12月京都朝鮮第一初級学校に、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」ら
一団がきて、子どもたちをスパイ呼ばわりするなど、下劣で差別的な罵声を浴びせ続ける
大音響の街宣活動を行いました。授業や学校活動は中断され、
子どもたちは被告らの怒号におびえました。
その後も彼らは街宣活動をやめなかったため、
京都朝鮮学園は、彼らを京都地方裁判所に訴えました。
朝鮮学校は、民族的マイノリティである在日コリアンのこどもたちに
とって心から安心できる場です。
子どもたちの安全を確保し、偏狭な排外主義を許さないためにも、
ご支援傍聴をお願いします!    

連絡先:在特会らによる朝鮮学校に対する襲撃事件裁判を支援する会 (通称:こるむ)
saiban_shien_kyoto@yahoo.co.jp
posted by こるむ at 00:00| 期日など裁判関連情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。