2013年10月12日

判決全文(マスキング版)

10月7日、3年間にわたった朝鮮学校襲撃事件裁判に判決が出され、
在特会らのヘイトスピーチは「人種差別撤廃条約」に反する
深刻な人種差別行為であると断罪されました。

傍聴支援にかけつけていただいたみなさん、
これまで裁判を支援してくださったみなさん、ありがとうございました。

原告弁護団が、判決の全文(個人名を伏せたもの)を以下にあげています。
ご確認いただくとともに、拡散・宣伝していただければ幸いです。
【判決全文 転送・拡散OK】
http://urx.nu/5kE0 (10月18日まで有効)

判決の解釈はこれからさらに進められるところですが、
10月10日、被告の在特会らは代理人を通じて判決不服と控訴方針を表明しました。
ヘイトスピーチを許さないという強い思いで裁判を支援してくださったみなさん、
今後とも裁判を支えていただきながら、
朝鮮学校の民族教育の発展のためにも歩みをともにしていきましょう。
posted by こるむ at 14:38| 裁判資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。