2014年09月07日

京都朝鮮学校事件高裁判決―日本の裁判所はなんと言ったの?(イラスト付リーフレットWEB連載第1回)

ふくろう博士に聞いてみよう!

京都朝鮮学校事件高裁判決
日本の裁判所はなんと言ったの?
〜ヘイトスピーチ・ヘイトクライムのない社会を!〜

公開フォルダURL
https://drive.google.com/folderview?id=0B60d_nhxt-QfajloR24wNEVHLUk&usp=sharing

2009年12月4日、2010年1月14日、3月28日、の三回にわたり行われたヘイト街宣に対し大阪高等裁判所は、過日の2014.7.8判決で1226万円あまりの賠償を明示した京都地裁判決を維持しました。特に、高裁判決においては、被告らとなった在特会の違法性、悪質性が認定されるとともに、民族教育を行う利益を法的保護の対象として位置づけるなど、これまで民族教育の充実に尽力してきた教員、父母、その他学校関係者の方々に対して将来の明るい展望を与える、有意義な判決内容となっています。その内容を理解・周知させることで、本件学校の社会的名誉の回復につながり、偏見を軽減していく大きな助けとなると考えています。

もっとも、本件の最大の被害者といえる子どもたちが理解するには、判決文の表現は難解です。本件での「こんなの学校ではない。」「スパイの子どもの学校」「朝鮮学校を日本からたたき出せ」など、学校を侮辱される言葉を浴びせられて最も傷ついたのは、心身ともに繊細である子どもたちでしょう。自らが通う学校が、特にその民族性がゆえに差別攻撃の対象とされ、社会的評価(名誉)が傷つけられたことは、子どもたちの内心に多大な不安を与え、学校における民族的自尊心の醸成の作用も半減させうる脅威となったことは想像に難くありません。こうした影響は、本件学校に通っていた子どもたちに限られません。中高級を含めた全国の朝鮮学校の生とも同じ思いを抱いているなか、判決文の内容をわかりやすく説明して、こうした不安を軽減する必要があります。

 そこで、京都朝鮮学校襲撃事件裁判を支援する会「こるむ」及び朝鮮学校と民族教育の発展をめざす会・京滋「こっぽおり」は、判決文の内容とその社会的意義を、被害にあった子どもたちに伝えるために、子ども向けの冊子を作成することにしました。当時、被害に遭った子どもたちも、事件から4年がたち、高校生になっている生徒もいますので、説明を工夫すればかなりの理解が期待できる年齢に達しています。この冊子においては、子どもが自発的に読みたいと思えるように、イラストを多数盛り込んだ、分かりやすい内容を心がけました。また、大人でも広く判決の社会的意義を発信しやすいように工夫を凝らしました。今後、隔週を目安にWEB連載を続け、一定の分量に なったと ころで、年内には冊子化したいと考えています。ぜひ、上記、URLにてご通読ください。

★民族教育が大切にしている子どもたちの母国語・ハングルでの翻訳版も鋭意、準備中です★

hyoushi(WEB1).jpg
posted by こるむ at 16:18| 支援する会全般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

口頭弁論の傍聴支援のお願い

2009年12月4日、在特会と主権回復の会のメンバーらが京都朝鮮第一初級学校を襲撃しました。

当時、襲撃行動とそこでの罵声を目の当たりにした児童の抱いた恐怖心は想像を絶するものがあります。学校の先生方は、自らも深刻な恐怖心を抱きつつも、これを必死でふりはらい、子どもたちに安心を与えるために、平穏に下校できるようにするために最善の努力を払いました。同時に、あのような憎悪むき出しでしかも陰湿な嫌がらせのような行動から在日朝鮮・韓国人の民族教育を守ったのです。  

21世紀を迎え11年経った今日、在特会らがしている排外的言動や行動が日本社会で巻き起こるとは誰が想像したでしょうか。私たちは誰一人として、あのような光景を目にするとは考えもしなかったし、また二度と見たいとは思いません。それほど見るに堪えない、聞くに堪えないものでした。

日本社会に共存している外国人に向けて、「日本から出て行け。たたき出せ!!」として罵詈雑言を浴びせたり、襲撃行動をするのは、まさにヘイトクライムです。私たちはヘイトクライムを絶対に許してはいけません。ヘイトクライムを野ざらしにすることは、日本社会を世界から孤立させるだけにしかすぎません。

現在、98名の弁護団によって、在特会らのメンバーによる襲撃行動に対する民事裁判が行われております。この民事裁判は、単に襲撃によって学校の授業が妨害されたことだけを問題にしているのではありません。まさに「ヘイトクライム」によって「民族教育を実施する権利」が侵害されたことを明らかにすることに最大の目標があります。その意味でこの裁判は、民族教育を実施並びに受ける権利を確立し、そしてヘイトクライムをこの日本社会からなくすために行われているのです。 

今、私たちは、将来の日本社会がどこに行くのかを見定める大事な機会を目の前にしています。
是非、在特会らのメンバーによる襲撃行動に対する民事裁判にみなさんの関心が向けられることを切に願っています。

(文:「在特会らによる朝鮮学校襲撃事件に対する裁判を支援する会」共同代表・金尚均)


勧進橋児童公園近影.JPG
【勧進橋児童公園近影】

posted by こるむ at 00:00| 支援する会全般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判を支援する会 趣旨文

2009年12月に起こった、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)による京都朝鮮第一初級学校に対して、これまで、京都・関西を中心に、全国的に抗議の声が挙げられ、行動が積み重ねられてきました。

朝鮮高級学校の無償化問題をめぐる情勢と同時に、京都地方裁判所では在特会による行動の違法性を問う刑事裁判が取り組まれています(※2011年4月21日第一審判決)。

一方で、この度、損害賠償請求と差別的発言の処罰を求める民事裁判を提訴することになりました。原告の学校法人京都朝鮮学園、代理人である弁護士とともに、幅広い世論によって、よりよい判決を勝ち取る必要があります。

また、数十年来、朝鮮学校が置かれた厳しい状況を打開し、日本社会に未だ根強い民族差別・排外主義を許さない市民・住民の輪をひろげていくことが求められています。これまで、地道な活動を方々とつながりながら、さらなるネットワークの拡大を目指して、裁判支援のための「会」を結成したいと考えます。

ぜひとも、みなさまのご協力とご参加をお願いする次第です。

(2010年9月記)

posted by こるむ at 00:00| 支援する会全般情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。